30代が効率的にキャリアを高める方法

NO IMAGE

30代は社会人とししての分岐点です。そこでの決断が後々、自分の働き方やライフスタイルに大きく変化をつけます。より一層のキャリアアップを望む方は、転職について前向きに検討すべきです。現在の職場環境に不満を感じている方はもちろん、それ程大きな不満はないが、やりがいがある仕事に携われていない実感がある30代男女も、アグレッシブな姿勢で転職を決意しなければいけません。

転職先として検討したいのが、いわゆる成長産業と言われる分野です。医療や福祉や再生エネルギー、IT関連やスマートフォンアプリの開発やWEB制作といった今日急速な勢いで組織が拡大する分野に転身する事で、やりがいのある仕事に出会えます。最近は業界や職種に関係なく転職がスムーズに進められる時代です。個人のポテンシャルと過去の職歴によって、人材の価値がとても客観的に評価される時代となり、普通の商社からIT企業へ、教育分野から福祉系に転身したり、飲食業の世界からスマートフォンアプリ開発の企業に移籍する等、常識にとらわれない働き方が広がって来ました。

いわゆる外資系企業に転職するのもキャリアアップを目指す方々には有益な選択肢です。外資系企業は開かれた風土があり、個人のスキルやポテンシャルが正しく評価されますし、海外の店舗や事務所で勤務する道も広がります。国際化が進む今、アジア諸国や欧米諸国の企業が母体になった流通系やIT系の企業の方が、柔軟に働きやすく報酬や福利厚生が充実している面があります。

30代で英語力に自信がある方は、海外勤務の道が選べる外資系企業に転職し、ワシントンやニューヨークの現地で更にキャリアを積み重ねるのが良い案です。数年にわたり海外勤務を続けた後、そこで培った人脈やノウハウ、英語力や欧米流のビジネススキルを活用すれば、さらにワンランク上の組織に転職をしたり、高報酬で日本企業にヘッドハンティングされるチャンスに恵まれます。