20代が効率的にキャリアを高める方法

NO IMAGE

働き方は各現場により異なるものの共通しているのは20代の頃に培った考え方や価値観、方向性という3つによってその後のキャリアが形成されていくという様子なので、年齢を重ねていった際に重要視される3つの事柄に関して基礎が固められるようにしましょう。

国際化が進んだことで、若い人が海外で仕事を得る機会も増えています。語学力を磨いたり、グローバルな環境に身をおくことで後のキャリアにつながるケースが有るため、今後もそうした働き方を選択する人は出てくるだろうと考えられます。最近の傾向としては、欧米諸国のみならず、マレーシア、タイ、シンガポールといった国で転職活動をする人の数の増加です。
20代の頃というのは現場の第一線で活躍する機会が多いですが以後30代や40代、50代と年齢を重ねていくうちに社内において管理する対象が人に変化していくため、マネージメントスキルを高くさせられるように意識しながら能力を高めていくようにすると、転職する際に円滑に転職活動が行えるようになる上に、転職する度にキャリアアップをしていく事も可能になります。
そのように管理をする物事が人に変化するという事は、現場において1つの物事に向き合い従事する業務に比較すると差異や影響が大きくなるため、20代の頃には目の前にある業務に日々注力しつつも、個々により有している価値観が異なるという実情を理解し、柔軟な対応ができる考え方を身に着けておくと良いです。
具体的には同じ志を持ち会社に入社し仕事をしている社員の中でも20代の頃は仕事を最優先に考えて過ごすべきであると考えている方が居る一方で、ライフワークバランスをより良い状態で保つべきであるという方も居るため、それぞれで異なる考えを持って仕事をしている方々を纏められるようにする能力が求められます。
そのように異なる価値観を有している方々をマネージメントし、良い組織を形成するためには多様性が受け止められる能力を養っておく必要性があるので、20代の頃には同じ業種のみならず異業種の方も含めできるだけ多くの人々と実際に会うようにしましょう。
そういったマネージメントスキルが高い人材というのは、企業が求めているものの絶対数が多くはないため転職しやすくなりますし、特定の一社に限らず複数の企業で社外取締役に抜擢されるというキャリアが歩めるきっかけにもなります。