CL2018バルセロナの戦績とハイライト

CL2018バルセロナの戦績とハイライト

チャンピオンズリーグとは?

チャンピオンズリーグはサッカーファンの間ではCLという呼び名で親しまれているサッカークラブ最高峰の大会で、実質世界で行われている大会で最もレベルが高いと言われています。

参加資格を持っているのは主要リーグで上位に入っているチームと、ヨーロッパリーグで優勝したチームなどが参加することができます。

ここ数年はスペインクラブ勢が良い戦績を収める

ここ最近はスペインのクラブチームが優勝することが多くなっていて、去年は史上初めてレアルマドリードが2連覇を果たしています。

レアルマドリードとリーガエスパニューラというスペインのリーグで毎年優勝を争っているチームがバルセロナです。

スペインの名門バルセロナに注目!

今回はバルセロナに注目してCL2018を振り返ってみようと思います。

バルセロナは優勝候補に上げられていましたが、決勝トーナメントではローマに負けて敗退してしまいました。

原因は色々あると言われていますが、今回は二つのテーマに絞って考えていこうと思います。

所属選手の高齢化とマンネリ化

まずは高年齢化とマンネリ化についてです。サッカー選手は引退が28歳~29歳前後で、選手生命が短いスポーツとして有名です。

バルセロナの全盛期を支えたメンバーの年齢を見てみるとメッシが30歳、イニエスタが34歳、さらには中盤の要だったシャビがいなくなってしまいました。

主力メンバーの放出

そろそろチームとして変革期を迎える頃といえるでしょう。次は主力メンバーの移籍です。

不動の右サイドバックだったブラジル代表のアウベスがいなくなり、去年はネイマールが移籍をしました。この影響はかなり大きいでしょう。